忍者ブログ

IPHONEアプリ -

*価格は無料のものと有料のものがあります。紹介時点で無料でも、有料化されていることもあります。必ず、AppStoreの情報を確認してから購入して下さい。




リザードマンレンジャーという魔獣-キングダムコンクエスト

リザードマンレンジャーという魔獣


リザードマンレンジャー
C:ラウンドブルーム
UC:ディフェンドトリック

レア度 コスト 攻撃力 防御力 知力 素早さ 占拠力 射程
C 2.0 391
(9.1)
270
(2)
4
(0.4)
4
(0.4)
1
(0.1)
3
UC 2.0 394
(10.34)
271
(2.31)
4
(0.44)
6
(0.66)
1
(0.1)
3


もちろん、言わずと知れた人気の使える魔獣ですが、UCは特に人気でリザードマンで構成するユニットには組み込まれることが多いです。

ロイヤルリザードマンを使うと、あまり使わなくなってしまうのですが、亜人族で作るユニットでは、ゴブリンユニットと同様に人気のユニットです。

強さはかなり強く、お金がかかるため豪華な感じです。

そこまでの投資をする人は全体のほんの少しの人だと思います。

少しのお金で楽しめる範囲で楽しむことができるとユーザーは増え、口コミで人気を呼び、さらならお金が動くでしょう。

そういうことからも、ユーザー層による遊び方を考えることはとてもおもしろいことです。

ここで、

Cリザードマンレンジャーです。

UCは人気で高くてオークションでは少し高くてたくさんは買えません。

Cならなんとかなる範囲です。こういうものは他にもあります。そこで安く出ているときにまとめがいしておくと便利です。

ところで、
リザードマンレンジャーのCのスキルはラウンドブルームです。みな、他の魔獣に付けることを考えて、かなりレアな高級なカードを集めて合成していますが、実に安価な魔獣の初期スキルとなっています。

Cスケルトンアーチャー、Cゴブリンアーチャー、そして、Cリザードマンレンジャーです。

コストがリザードマンレンジャーだけ2.0で他は1.5ということもあり、ステータスがいいです。

特に、攻撃力は伸び、知力と素早さも伸ばそうと思えば伸ばせます。

ここで、ウィズダムオーラや、スピードオーラでもいいんですが、付けて合成してスキルレベルをアップしていくことができると、2倍くらいには増やせます。そうすると、そこそこ、普通にステータスのある魔獣として使えます。

もちろん、ラウンドブルームもスキルレベルを上げていきます。Cなので手に入りやすく、簡単にあがっていきます。

普通の場合ですと、SLV6まではわりと失敗なく上がっていきます。SLV6のラウンドブルームで27%です。

また、スマッシュをつけてSLV6まで上げると、35%です。これで後方から、一撃与えることができるかもしれません。

カードが安いと合成ができて、これだけ簡単にスキルレベルが上げられます。

いまは、トリック、シフト、アクティブスキルの弱体化スキルなどが、主力となっていて、攻撃スキルなんてあってもなくても関係ないという状況です。

それは、デブリスタワーやLV9土地に攻め込んでみるとわかります。偵察部隊を送り込んでみましょう。

魔獣のカードは豪華で、コストも9を超えているものが多いです。

しかし、そのようなことよりも、みなスキルを好き放題持っています。

スタートアップで、
防御が2,3万上がって、攻撃が5万上がって、こっちの知力や防御、攻撃が2万下げられ、第一ターンでさらに、敵の攻撃力が8万くらいあがって、こちらはその分下がって、ソウルスチールの発動に入りだして、、、、

秒読み状態で、一気に壊滅です。

こんなの勝てるか!!!!

NPCはスキルもつけ放題でSLVも上げ放題です。ある意味それが目標となっているのでいいのですが、ようするに困難な合成を繰り返して、投資したものが勝てるという名誉というのかそういうもので、同盟の中でヒーローになれるという、ある意味、みんながみてくれるという意味では、一人でニヤついているオフラインゲームよりはいいのですが。

それもいいのですが、人間、分相応というのがあり、自分はここまでって決めておかないと、無茶なことを考えてしまい、大失敗をしてしまいます。何もだれもが、そういう高レベルユニットを倒すユニットを作ることを目的としなくてもいいのではないでしょうか?

中間層の楽しみ方というのがあって、面白いことをやって楽しむ方法というのが会っていいと思います。
PR
ブログ内検索





ファンケルオンライン

フェリシモ「コレクション」











  Copyright 2017 IPHONEアプリ - All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]