忍者ブログ

IPHONEアプリ -

*価格は無料のものと有料のものがあります。紹介時点で無料でも、有料化されていることもあります。必ず、AppStoreの情報を確認してから購入して下さい。




[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IPHONEやりすぎて、肩こりに気をつけましょう。

IPHONEやりすぎて、肩こりに気をつけましょう。


IPHONEはPCよりも、携帯用ゲーム機、携帯電話よりも肩がこります。

特に、ゲームなのになぜか、ストレスがたまるゲームをやっていたりすると、最高に肩がこるでしょう。

IPHONEをやるのにベストな姿勢は枕なしで仰向けに寝そべっている状態です。

それ以外は頭の重さでかたがいかれます。首とかたがおかしくなることが多いです。
とにかく、うつむいて小さい画面を見ているのは体に悪いです。

ほんとに、IPHONEでそんな、ストレスがたまるゲームなんてやらなきゃいいわけです。

簡単で、心地よく、楽しい、爽快なゲーム、それがベストだと思います。そういうゲームを作っている会社はほんとうにいい会社だといえるでしょう。

おそらく、IPHONE用ゲームというのは、短時間のプレイで1回づつのプレイが細切れでも楽しく遊べるというものです。

みな移動時間、空き時間にやるものです。

ましてや、電車で出来ない、電波が悪いと出来ないゲームなんて、携帯端末でやるべきゲームじゃありません。
また、常時起動してなきゃできないだろ!っていうようなゲームもありますが、そういうのは、ほんとうに、IPHONE向きじゃありません。

そんなゲームをまともに長期間やっていたら、本当に体に悪いし、損をしてしまいます。早めにゲームの良し悪しを見きれる、判断力を身につけておくべきだと思います。

また、お金を払って買ったゲームや、アイテム課金したゲームはどうしても執着してしまうものです。
したがって、お金を使う時は本当に、その瞬間に使い切ったと思ってやらないと、後で大切な時間というものを、体力をなくしてしまいます。

体を余計なところで疲れさせていては、日常生活でいいチャンスをものにできません。これはとても大切です。

とくに、肩こりがひどくなると、ふつうにボーっとしてふらふらします。

そんな状態でいいチャンスが掴めるはずもありませんね。どっちが大事か、よーく、見極めるためにもかたの凝り過ぎには要注意です。

とくに、IPHONEはまだ、スマホといい、新しい装置、デバイスなので、健康への害というものがあまり研究されていません。

ゲームなどでも、やはり、ある程度、体の負荷が高くなるようなものは、規制することもいるかもしれません。
PR
ブログ内検索





ファンケルオンライン

フェリシモ「コレクション」











  Copyright 2017 IPHONEアプリ - All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]