忍者ブログ

IPHONEアプリ -

*価格は無料のものと有料のものがあります。紹介時点で無料でも、有料化されていることもあります。必ず、AppStoreの情報を確認してから購入して下さい。




[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スマートフォン用のタッチペンはオススメ!!

スマートフォン用のタッチペンはオススメ!!


Iphoneの操作は細かいボタンを押したりしているとやり辛いことが多々あります。

そのためかなり使うような場合には、ペンを使うようになってきます。このペンは大変便利です。Iphoneの画面をタッチすると、ボタンが押される仕組みは昔からあったデバイスとは少し異なります。

画面の上にボタンがあるようなものではなく、押された事を感知するセンサーがあるわけでもありません。Iphoneの画面上で指が触れた部分に静電気が起きて、その静電気を感じ取って画面を操作するのだそうです。

人間の指というのは電気を流します。またそのため電気を通さないような物質でIphoneの画面を触っても何も反応しません。

また、画面の中を指で押すという状態を再現するようなペンがないとうまく認識されません。

しっかりと指の太さ、大きさを感知してIphoneがおされているのと同じような感じで、認識してくれるような物質でないとなりません。そのために、今までの先が細いプラスチックのペンのようなものとは異なり、太くて丸っこい、弾力のある、シリコンや金属繊維の網のようなものでできています。

これは、小さいところを押したいのに、1cmくらいの直径のペン先を使うので、ほんとうに余計面倒なのではないかとさえ思います。しかし、使ってみると、確かに、指を再現するためにこの形になったのだと分かります。

いくつかのペンを買って試したのですが、実に微妙な違いですが、使いやすいか、使い悪いかがたしかにあります。

ペンの太さ長さはほとんど一緒なので、差はあまり感じられません。

ただ先端の丸くなっている部分がシリコンなのか金属製の編み込んだ布なのかという違いがあるようです。

電気を通さなければいけないため、様々な工夫がこらされています。この先端の材質の違いによってタッチ感が異なってくるようです。具体的には硬さが違います。また、認識に失敗する確率が違います。

しかし、押しをマスターすることが一番大事です。指だと自然にやっていることがペンになると、できていない場合が多いです。

指は滑らせます。ペンだと押したりします。そうじゃないのです。ペンを滑らせるのです。指と同じように。

Iphoneは考えられて作られています。指で最適化されているので、ペンで指の真似をするのです。これをマスターすればあまり、認識率に差はありません。あとは、タッチ感です。

千円以上するペンと100円のペンを買いましたが、今メインで使っているのは100円のペンです。

何となくなのですが100円のため、気軽に使いやすいような気がします。それが、勢いのあるアクションにつながり、認識率のUPに繋がって、いい感じで使えている理由だと思います。

高いペンを丁寧に使うと、上手く認識されないことがあるかもしれません。少し豪快に扱ったほうがいいかもしれません。

こちらの先端はシリコン製となっていまして、特徴としては押したときに少し固めの感触があります。それがスムーズに操作できる秘訣なのかもしれません。

仕事で長時間Iphoneを使う人間にとってペンは必要不可欠なツールであると思います。

手が汚れてるような時にはIphoneの画面が汚くなってしまいますので、油がついて画面が見づらくなるならないように手をきれいに洗って治してからIphoneを触ります。

これらの事をすると、指の表面は油分が下がっていきます。

きれいな指で画面をこすっていると結構な摩擦があるものです。ガラスに吸い付くのです。

この摩擦があるためにiphoneの画面を指で操作していると、どんどんと肩がこってしまうことがあります。

滑りが良くないという感じです。ガラスにどうしても指がはりついてしまう感じがあるのです。乾燥していればいいのですが、少しでも指が湿っていると、このようなことがおきやすいです。

そのような時は、ペンを使うと何の心配も要らなくなります。
PR
ブログ内検索





ファンケルオンライン

フェリシモ「コレクション」











  Copyright 2017 IPHONEアプリ - All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]