忍者ブログ

IPHONEアプリ -

*価格は無料のものと有料のものがあります。紹介時点で無料でも、有料化されていることもあります。必ず、AppStoreの情報を確認してから購入して下さい。




[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

公共の事務職へITシステムを導入して保守料で生き延びる

公共の事務職へITシステムを導入して保守料で生き延びる


おそらく、オフィスワーカーはこれになるでしょう。

世の中、こういう感じになって、オフィスだって効率化で人数は減らします。
絞りきれていないのが現状です。絞っても他の業界が困るんですが。。。

お金を使う人が居ないとどうやってもお金が手に入らなくなる、そういうものです。
お金の流れとは。

自分だけがよければいいというわけにはいきません。

漁をするならば、自分だけが獲物をたくさんとることができます。
農業ならば、人がいいか悪いかにかかわらず、自分が上手くできればたくさんとれますし、人が悪い時にたくさんとれると、高値で売れ得をします。

しかし、サラリーマン?、この言葉自体が意味がわからないのですが、は、周りの会社が悪いと自分たちも発注してもらえずとても困ります。

下請けの工場でも一緒です。カネというものを得ることを目的とした雇用労働は、みんながいいと自分も自動的によくなりますし、みんなが景気が悪いと自分も悪くなります。

ほんとうに、自分だけがよければいいとはいかないのです。

これだから、金融の人は一次産業にいきたがるのかもしれません。でも、農業だって、景気に影響されてきます。
ただ、すぐ目の前にあるのは、取引先の予算ではありません。

できたらできたでお金になるわけです。魚も同じです。

ほとんどの人がサラリーマンになって、都市部でオフィスワーカーになろうとしていますし、それを前提に政府も考えています。オフィスワーカーといっても事務職だけでなく、ビルメンテ、交通網などの全部ですが。

それらを学生が就職ということで狙って、自分がだめだから採用されないんだ?っていうのは全く異なっています。

仕事がないから、採用されないだけです。

いくら、就職活動のやり方をコーチングするセミナーを受けても、そのセミナーを開催している人も他に色々仕事を探して見つからずに、この仕事をしていることもあったりして、本当にいいのか?って思ったりもします。

そりゃ、学生からすれば、一年中、採用に関わっている人がいうことは参考になるでしょう。でも、そんなの当たり前で、別にそれができたら、就職できるわけじゃないんですよ。

全員が景気がよくなきゃ、雇用なんてよくならない!!そういうことです。

早く就職したければ、みんなでお金をつかって、政府をたたき直して、景気をよくするのが一番てっとり早いわけです。

通貨を手に入れることを目的とした社会では、少し違うわけです。

普通は、頑張って努力すれば報われる、それは、モノはできますよ。いい芸能もできますよ。

でも、カネを手に入れるかどうかっていうのは、別モンです。ましてや、サラリーマンはお金を手に入れるためだけに動くものですから、景気にのみ左右されます。

せめて、見た目くらいしか判断がつきません。

オフィスワーカーが使うITシステムを作っているのは、オフィスワーカーか?

たしかにオフィスワーカーですが、こちらは生産と販売が同じ場所と同じ人員でで行われる不思議な、新しい、Windows95が発売されてからできた業種です。

これらの業種は、おそらく、これからさき、オフィスワーカーはみなこれになるでしょう。ただ、これが人数は絞られていきます。

大手、公共に導入できたシステム会社か、一人で新規に立ち上げたアプリ屋さんたちが生きていいく世界になるのでしょう。

他は?やはり、医療、介護が大きい需要ですね。また、大人の趣味を拡大するにはいいチャンスです。
娯楽をもう少し探す、投資でもいいです。投資という名の娯楽です。

介護というと、働く側の意欲が、どうしても楽しみが減ってきてしまいます。しかし、大人の人達へ趣味を提供するのって楽しくないですか???

それは結構な、いい仕事に成ると思います。

遊びは若者向けじゃなくて、大人にも。ってことですね。

でも、今、ゲームしている若者は年寄りになってもゲームしてますよ。だから、別に世代に合わせたレジャーを提供できればそれでOKだと思うんです。
PR
ブログ内検索





ファンケルオンライン

フェリシモ「コレクション」











  Copyright 2017 IPHONEアプリ - All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]